絶対防ぐ!メール誤送信

メール誤送信防止に関する情報サイト

メール誤送信防止のためにアドレス帳に漢字で登録する

メール誤送信防止のためにアドレス帳に漢字で登録する ある友人に送るはずのメールを、別の友人に送ってしまうなどのミスはありがちですが、これが企業となると大切な機密情報を漏らしてしまう可能性もありますし、信頼を落とすことにもつながります。
場合によっては、企業存続の危機になる可能性もありますので、メール誤送信防止対策はしっかりとしておきたいところです。
メールを送る前には、宛先や内容をしっかりと確認しておくことが大事ですが、より確実な送信をするためには、今すぐにでもできる努力はしておきたいところです。
まず、メールの間違いではローマ字を見間違うということも考えられますのでアドレス帳に登録するときは、漢字名でも登録しておくと目視での確認の確実性をさらにアップすることもできます。
アルファベットでの表記やメールアドレスそのままでの表記だと、つい似た綴りの宛先と見間違えてしまう可能性もあります。
宛名欄に名前を入れると候補が出てくるオートコンプリート機能も便利ですが、メール誤送信防止のためにはオフにしておくことがおすすめです。

メール誤送信防止のために下書きに入れる

メール誤送信防止のために下書きに入れる メールはとても便利な存在ですが、時には誤送信してしまうこともあります。
相手を間違って送ることもあれば、添付ファイルを忘れてしまうこともあります。
時には大切な情報を外部に漏らしてしまう可能性もありますので、メール誤送信防止への対策はしっかりとしておきたいところです。
メール誤送信防止のためには、どのような対策をすれば良いのかも知っておきたいところです。
メールの誤送信を防ぐ方法としては、まずは下書きに入れるということがあげられます。
やや面倒になりますが、そうしたルールを作っておけば再度開いて内容を見直してから送ることができるので、誤送信を効果的に防ぐことができます。
特に難しい方法ではなく、お金もかからずにすぐに利用できる方法なので、活用してみましょう。
下書きに入れても、確実に誤送信を防げない場合もありますが、そんなときはメールサービスの送信取り消し機能を活用すれば、一定時間内なら取り消すことができます。
もしもの際に慌てないよう、使い方もマスターしておきましょう。